一回の食事に適切な量は?

愛犬に与えるドッグフードの適切量は、体重、ライフステージ、運動量、飼育環境などによって変化します。
そのため適切な量は最初だけでなく、定期的に計算する必要があります。
計算は4つの手順を踏んで行います。

(1)安静時エネルギーの計算

安静時エネルギーとは、座ったまま1日中なにもしない場合で消費するカロリーの事です。
70×体重(kg)の0.75乗で計算する事が出来ます。
暗算では難しいので、√付きの計算機を用意して計算しましょう。
体重を3回掛けて、√ボタンを2回、×70で求める事ができます。
例えば3kgの子の場合は、3×3×3、√√、×70=160gです。
端数は四捨五入して下さい。

(2)必要カロリーの計算

安静時エネルギーに、「身体活動レベル」である「係数」を掛ける事で必要カロリーを求める事ができます。
係数は、ライフステージによって違います。
生後4ヶ月まで3.0
生後4ヶ月から1年まで2.0
避妊・去勢していない健康な成犬1.8
避妊・去勢済みの健康な成犬1.6
避妊・去勢していない、肥満傾向または高齢期の犬1.4
避妊・去勢済みの肥満傾向または高齢期の犬1.2
減量が必要1.0
例えば3kgで生後5ヶ月の幼犬の場合、係数は「2」で、160×2=「320kcal」が必要カロリーです。

(3)1日の食事量の計算

一日の給仕量の目安はドッグフードのパッケージに体重別に記載されていますが、あくまで目安ですので適切な量とは言い切れません。
そこで(2)で求められた必要カロリーを使って1日の食事量を計算します。
フードにはフードに含まれるカロリー量が記載されています。
フードは種類によってカロリー含有量が違いますので、フードのパッケージを確認して下さい。
1日の摂取量は、必要カロリー×「100」÷100gあたりのカロリー含有量(kcal)で求める事が出来ます。
例えば100gあたり300kcal含まれるフードを360kcal必要な子に与える場合、360×100÷300=「120g」が一日の摂取量です。

(4)1回の食事量の計算

(3)で求めた食事量は1日の食事量ですので、1日の食事回数で割って1回の食事量を計算する必要があります。
一般的に離乳期は1日4回以上、6ヶ月頃から1日に2回の食事回数が理想とされています。
5ヶ月の子犬に1日量120gを4回にわけて与える場合、120÷4=「30g」が1回の食事量です。

寒冷地域や、室内飼い、室外飼いなど環境要因によっても必要カロリーが変化します。
便の状態や食欲などを観察して、適切な量を与えられるようにして下さい。